ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
映画撮影風景1
twitter

ブログ - 201705のエントリ

演劇集団”ゆらめき”はアクタースクールで知り合った仲間たちによって結成された。
今回の公演はオリジナル台本。かなり独特の世界観を持つ作品で楽しめた。

ストーリーはこれといって無い。
常冬の「時が刻めない小屋」男女が住んでいて、
ある日、もう一組の男女がやってくる。
男2、女2の4人芝居。

最初小屋にいた組は2人とも裸足で、やってきた2人は靴下を履いている。
「夢幻能」は死者の舞で、シテは生者を想像させる肉体を極限まで隠す(顔だけでなく手首や足までも)。
能を意識したような、緩やかだけど張り詰めたような緊張感漂う舞台空間。

必要最小限の動き。
死者と生者は折り紙やお手玉をしたりして遊ぶ。
呟くような発声。
たき火の爆ぜる音、小屋に吹き込む風の音、琴の音、すごく音を大事にしている。
ロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキーを彷彿させる静謐な舞台。

やがて春が来て生者去っていくが、小屋にも時間が流れ始める。

女優二人の素材はかなり良いのだが、今ひとつ魅力生かしきれてなかった。
カジュアルな衣装が舞台の雰囲気を軽くしていたようで、
このテーマならもっと大胆にいった方が面白かったと思う。

オリゴ党「あと8kg」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2017-5-1 19:04
オリゴ党は平成4年に結成され、今年25周年を迎える大阪では古株の劇団である。。
本公演は第29回公演。若い劇団の利用が多いステージプラスで大ベテラン劇団の利用は珍しい。

去年「虫の何たるか」今年「愛と勇気だけが友達」と、
劇団第一主義が打った公演の脚本がいずれもオリゴ党主宰岩橋氏によるもので、
そこからの縁で今回の公演の運びとなった。
今回は本公演用に岩橋氏が書き下ろし演出したもの。 

本作を含む3作品を観たかぎり、「孤絶された空間での群像劇」が岩橋脚本の通底項か。
「虫の何たるか」は人里外れた洞窟が舞台だし、「愛と勇気だけが友達」も奇妙な方言が話される村落が舞台だ。

今回の舞台は郊外のダイエット合宿だ。
ダイエットは今の日本では宗教に近いかもしれない。モデル体型は善でデブは悪という。
5人の女性参加者、運営スタッフに男性2人、女性が1人、謎の男1人。 
彼らが一週間共同生活を行うのだが、肝心のダイエットメソッドの提唱者兼責任者が姿を見せない。。

考えるに、この舞台で示されたテーマは二つ。集団の組織論と身体の組織論。
集団の組織論
ダイエット提唱者兼責任者が現れないまま、メソッドを推測し模倣しながら合宿は進んでいく。
勝手な解釈はだんだんとそれ自体がオリジナルになり、やがて集団はカルト化する。 
訪れないゴドーをただ待つだけの悲喜劇「ゴドーを待ちながら」の匂いも若干あり。
ダイエット道場を隠れ蓑にした新興宗教施設なんて本当にありそうだ。
劇団主宰と劇団員との関係、セルフパロディともとれた。

もう一つは身体の組織論

今の私の身体は頭のてっぺんから足の先まで全て私の身体だ。
ならば、減量で消えていった体重にどくらいの配分で私はいたのか?
失った8kgは何処へ行ったのか? 
新陳代謝。
1秒前の私と今の私は違う、連続してると思うのは錯覚だと、心理学者のアルフレッドアドラーは言う。
私とは何か?

結論は出されないまま、ぼんやりとした不安を残して幕が閉じる。 

徐々に狂気に侵されていく、妄想プロデュースのあまのあきこの演技が光っていた。 

ブログ カレンダー
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
カテゴリ一覧
最新のトラックバック