ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店頭風景 1
twitter

ブログ - 201512のエントリ

ステージプラス2015年全公演リスト

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2015-12-29 2:57
1/24〜25  ハニイチ「よるがあけたら」  
2/12〜15  Team 2220「KITTY&DOGGY」
2/19〜22  ズッキュン娘「グッバイ、マザー」 
2/25〜28  劇団サニー「みるきーはわかってくれない」
3/5〜8   洒落乙。「ミスターペロペロマン」
3/13〜15  劇団2012「叫ぶ檻」
3/19〜22  ろみお座「傘にうたえば」
4/24〜26  劇団DREAMER「day-dreamer」
5/22〜24  Team Luna「fストーリー」「カルディア戦記」
6/18〜21  星屑企画「輪廻 万華鏡展」
6/26〜28  大人工芸倶楽部「Magician」
8/8〜9   カミナリフラッシュバックスとまの「自己中カルテット」
9/20〜22  Daikichi project「MUGEN」
9/26〜27  東京ガール「誰、さがし?」
10/2〜3   さすがやあうん「名探偵 華麗満秀の態変な一夜」
10/9〜11  Doki☆身内だらけの一人芝居フェス
10/15〜18  山尾企画「After World」
10/24〜25  東京ガール「ゲームの時間」
11/6〜8   箱庭計画「ハコニワタンペンシュウ」
11/21〜23 題名のない演劇会「おい!なんでやねん!」
11/27〜29  劇団ミネット「I say love,it is a flower」
12/4〜6 ふぞろいぞろい「煙たなびけば雨」
12/21〜22  近大附属高校「トゥ」「悪魔のいるクリスマス」

全23公演
昨年末に続き、今年も近大附属高校演劇部にステージプラスをレンタルしていただいた。ありがたい。

前回は劇団ショーマの高橋いさを氏台本「バンクバンレッスン」1本立ての公演だったが、
今回は吉本芸人ロバートのネタ「トゥ」と北村想氏の「悪魔のいるクリスマス」の2本立て公演。

「トゥ」は20分程のコント。大学の入学式にあるサークルが新入生に奇妙な勧誘をしてくるという話。
全員伸び伸びとした演技していた。笑いもとれていた。

「悪魔のいるクリスマス」
クリスマス。
公園のベンチに座り、劇作家が日本語の乱れについて独りごちている。
彼のもとに歌手志望の女子高生や太宰好きの不良少年や天使が現れ、ささやかなパーティーが行われるのだが。。

気難しい劇作家はどうも同戯曲を書いた北村想自身を想起させるが、その役を演じたのは今年高2の女子高生北村さん。
彼女は男役で演じるのではなく、女性に置き換えた設定で演じていたのだが、これが全然違和感がなかった。
抑制の効いた演技は堂々としていた。難しい役を自分のものにしていた。
去年「バンクバンレッスン」で観たときは特に印象が無かったが、これから良い女優になっていくと思う。

脚本は80年代前半に書かれたもので、社会情勢等若干古さを感じたが、テーマ自体は普遍的なもの。
最後のどんでん返しは見事。面白かった。
開場すると同時に、役者たちは既に舞台に立っている。
下手にはカップルが車を運転している様子。
中央では女がちゃぶ台に座り、洗濯したての下着(ババくさいのもあればド派手なものも)をたたんでいる。

ゆるやかに開演。
カップルは彼女の生まれ故郷に帰省の車中であり、
中央の女は入院中の母に届ける荷造りをしていたことが分かる。

地声に近いリアルな発声、
ちょっとした言葉や仕草からその人となりや関係性を浮かび上がらせる演出等、
平田オリザの「静かな演劇」を踏襲したスタイル。

舞台となる「家」。
父は既に他界し、母も入退院を繰り返している。
長女は未婚で母と一緒に実家暮らし。しっかりもの。
次女は都会で結婚。ぼんやりとした性格。
三女は父と同じ煙草の銘柄を吸いながら、都会の服屋で働いている。

三人姉妹が正月休みを利用して実家に帰ってくる。
おせちを食べたり、墓参りをしたり、七並べをしたり。
どこにでもある家族の話、事件らしい事件は起こらない。。
主に次女の夫の眼を通して、妻の実家がフォーカスされる。

巧みな脚本。
各家庭特有のルール、他人の眼から見るとそれは奇異だ。
二人で7並べしているシーンとか、黒豆をスプーンで食べるシーンとか
随所に、クスッと笑かせてくる。

ラスト、夫婦はお互いの価値観の違いを認めあう。
品の良さ。派手さはないが、余韻が残る。
小津安二郎の諸作品を思わせた。

劇団ミネット「I say love,it is a flower」

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
イチロウ 2015-12-12 2:47
今回公演の劇団ミネットの主宰ひとみは、女性のみの劇団DREAMERで4回公演。
この春、劇団を解散。新たに劇団ミネットを立ち上げ、今回が旗揚げ公演となる。
今回の公演の主なキャスト8人のうち3人までが男優で、これまでの同性劇団のみの公演にありがちの窮屈さがなくなり、
幅が拡がり、風通しがよくなったように思う。

DREAMER時代は全てオリジナル脚本のみで公演していたが、
今回はイタリアの劇作家アルバート・カゼーラ「明日なき抱擁」を下敷きに。
同脚本は98年にブラッド・ピット主演の映画「ジョーブラックによろしく」のもとになった。

主人公は一代で会社を大きくした宇都宮ランバート輝彦。
最近彼は夢で死神が出てきて、死期が近いと告げられている。
妻に先立たれた彼には二人娘がいる。
娘たちとその夫、従業員たちは、もうすぐ訪れる彼の誕生日パーティーの支度に忙しい。
また、会社では彼の会社を密かに乗っ取ろうと企む部下がいる。
そんな中、夢の中の死神がこっそり彼のもとに現れる。死神は娘ローズに一目惚れしたらしい。。

今回一番良かったのは主人公ランバート輝彦を演じた戸中居亜命氏。今年3月に舞台デビューしたばかりの不惑のお父さん。
貫録の演技。舞台に厚みを持たせた。
死神男役のひとみも難しい役を好演していた。

ラスト、ランバートと先立たれた妻と再会するシーンは鮮やか、ウルッときた。
「題名のない演劇会」は大阪大学の演劇サークル「ちゃうかちゃわん」のOBが集まってできた劇団だ。
最初、劇団名は変だし、チラシのセンスは酷いしで、全然期待してなかったのだが、
観終わってみれば、これがなかなかの作品だった。

M1優勝を目指すお笑い二人組がメジャー街道をばく進して行くというストーリーを基軸に、
友情、恋愛、芸能界の闇が描かれていくのだが、
まるでテンポのよい映画を観てるよう。80分の上演時間はあっと言う間に終わった。
プロジェクターを使ったインパクトのあるOPから、ほろりとさせるラストまで一気呵成に畳み掛ける演出力はまさに剛腕。
無駄なシーン、だれたシーンがほとんどなかったというのはなかなか珍しい。

作演の長佐古哲也は過去M1出演経験があるらしく、舞台設定にリアリティがあった。
最初は下手な劇中の漫才シーンが売れっ子になっていくに従い、上手くなっていくところとか心憎い。

役者はみな芸達者揃い。滑舌悪く聞き取りにくい箇所もあったが、勢いで持って行った。
特に茶髪のボケ役を演じた高橋仁は、躍動感溢れていて印象深かった。

表情豊かな照明も◎。
3ステで終わったのが残念。再演望む!
ブログ カレンダー
« « 2015 12月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
カテゴリ一覧
最新のトラックバック