ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
公演風景1
twitter
  • カテゴリ その他 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 友ケ島旅行記

友ケ島旅行記

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
イチロウ 2010-7-27 15:15











まず切符を買います。加太港から往復2000円。
団体だと1割引き。

島の全景

桟橋すぐにある食堂兼売店。
古いアーケードゲームが置いてあって感動。















宿泊施設です。
素泊まりだと一人4000円。部屋はけっこう清潔でした。
宿泊施設にいたニャンコ。人懐っこい。
公衆トイレ。
これは汚水ではない。
この島では、水不足の為、バイオなんちゃらで、うんこを分解する液体でうんこを流すのだ。













第二次大戦中、本土決戦に備えて、軍事施設が建設された。
当時の砲台やら、基地が朽ち果てて、残されている。













1枚目は友ケ島山頂より、海を見下ろしたところ。
2枚目はハイキング中の写真、木がごっつい。
3枚目、行き先表示。親切。


*********************************************************

7月26日、朝9:30起床。快晴。
19:00より、劇団稽古があるので、小屋に戻る必要がある。

10:00、新今宮駅。11:30和歌山着。12:10加太着。
13:00 加太港より船が出る。13:20友ケ島着

友ケ島は、和歌山北西にある加太より5キロ、
淡路島と和歌山の中間にある全長2キロ程の島である。
戦時中は、本土防衛の為、軍事施設が多く建築され、
現在、朽ち果てたまま残されている。

当初、イメージしてたより、ずっと観光化されている。
DQNが多いと思っていたが、そんなこともない。

自然が比較的手付かずのままになっている。
鬱蒼たる森林と朽ちた軍事施設のコントラストは、なかなかのものである。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/66

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
カテゴリ一覧
最新のトラックバック