ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
20091217 2
twitter
  • カテゴリ お知らせ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 観劇 宮川サキ一人芝居 0421 independent thater1st

観劇 宮川サキ一人芝居 0421 independent thater1st

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
イチロウ 2010-4-25 1:32
宮川サキさんは、人を観察する能力にすごく長けてる人だと思う。
人間のキャラクターは「仕草」「ファッション」「口癖」等によって現れる。
宮川さんは、そのちょっとした仕草を演じることによって、そのキャラクターをわしづかみする。

今回、ひょんな偶然から彼女の舞台を観た。
どんな舞台を誰がやるのかも知らずに劇場に行った。

演目は四つ。

「プレゼン男」
パワーポイントを使えない中年サラリーマン、ホワイトボードでプレゼン。
ワイシャツの上に作業用ジャケット、メガネ
最後、プレゼン脱線して「愛」について語りだす。
彼は、はたして何の社員で、誰に対してプレゼンをやっているのか?

「山本山」
かわいいおばあちゃん
耳が遠い、喉をさわる
油断して観ていたら、実は怖い話

「横山さん」
カメラをさげて海外旅行(?)に行くおばちゃん
派手な柄のシャツを着てる
横山さんというのは一体誰で、おばちゃんはどこに旅行してたのか?

「円山」
花見に来てきたカップルが、一人花見をしているおばあちゃんに出会った。
手づかみでものを食べ、その手をしゃぶる。
彼女の正体は?

演劇というのは、再現性のないメディアで、その為論理性というものは、
ある程度犠牲にされていい。
論理性よりも「切れ味」が鋭い方がよい。
今回宮川サキさんの公演、切れ味が素晴らしかった。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/50

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

toneypan  投稿日時 2013-7-3 18:43
Commence your research today and you might end up having a less expensive deal on your favourite custom Replica watches.
ブログ カレンダー
« « 2019 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
カテゴリ一覧
最新のトラックバック