ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店頭風景 10
twitter

ブログ - 小心ズ&望ノ社

小心ズ&望ノ社

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2019-10-12 17:42
東京から「OSAKA FRINGE FESTIVAL」に参加する為に大阪入りした
スタンダップコメディ小心ズ「新郎新婦のご入場です」と
人形劇団望ノ社「SHADOW KINGDOM-影の王国」合同公演。
各1時間、2本立て公演。

「新郎新婦のご入場です」
シルクドソレイユ正式登録アーティストであるヤノミによるスタンダップコメディ
(お客さんに問いかけるスタイルの一人コント)。
彼女は結婚式の司会も実際にやってるらしく、実体験を交えた結婚式あるあるネタ。
巧みにお客をいじりつつ話に引き込まれる。抱腹絶倒、オチも鮮やか。

「SHADOW KINGDOM-影の王国」
トロント演劇祭児童部門最高賞受賞作品。
寝つきの悪い少女ミネルヴァが、無くした携帯を求めて夢の中を冒険する。
夢の世界は夜行性動物が蠢く「シャドウキングダム」。
カナダ人ダニエルと日本女性の二人が操り声演する「影絵」の宇宙。

影絵と言って想像するような白黒の平面的なものではない。
350枚を超える切り絵にゼラを仕込んで色付け、時に照明の種類を変える。
「影」の美しさ不思議さ怖さを感じた。
絵と操演、声と光の総合芸術。
ミネルヴァが城に向かって飛翔するシーンには鳥肌が立った!

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/327

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2019 12月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
カテゴリ一覧
最新のトラックバック