ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店内風景 9
twitter

ブログ - 劇団阿呆船「椅子は椅子」

劇団阿呆船「椅子は椅子」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2019-9-6 0:57
同劇団は大阪芸大の学生が中心となって結成された。今回が旗揚げ公演。

変わったタイトルだ。
舞台上になんの変哲もない椅子が一脚置いてあるのみ。

その椅子をめぐり、
椅子を自分の兄だと言い張る男、
自分の赤ちゃんだと言うクリーニング店の妻、
同級生だと言い張る男、
白熊用の椅子として南極で売ろうとする商人
が入り乱れ、言い争う。

登場人物全員サイコパス。
若いのに、汗臭い系の古典的な不条理劇、
唐十郎か、ベケットか。

前半のコメディタッチから一転、ラスト儀式風のエンディングが異様で面白かった。

捕まえようと思えば思うほど、するっと逃げていく不思議な感触を持った作品。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/324

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2019 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ一覧
最新のトラックバック