ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店内風景 1
twitter

ブログ - ハタチの演劇プロジェクト「未来がやって来る前に」

ハタチの演劇プロジェクト「未来がやって来る前に」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2019-2-4 1:03
ハタチの演劇プロジェクトはその名の通り、「ハタチの」若者たちだけで結成された劇団だ。

当日パンフには、
ーこれは“ハタチ”の物語
心に青痣を隠す僕らが、それでも生きていくための物語ー
と書かれていた。
今回の作品は、ど真ん中ストレートの青春ものだ。

物語は高校最後の文化祭でクラス対抗の演劇大会で出し物を決める学級会議から始まる。
同級生4人の男女を中心に物語は進んでいく。

「ノリが第一」の相澤華、「勝ち負けが判断基準」の桑原あずさ、
「斜に構えるのがカッコいいと思ってる」鈴木晴翔 、「自分に否定的」な小森悠生。

4人は文化祭、卒業式、成人式での再会を経ながら、少しずつ「大人」になっていく。。
どこにでもありそう、誰にでもありそうな綺麗ごとでない青春群像劇。

代表の仲保君に聞いたところ、彼が実際に高校時代に体験したことをもとに脚本を書いたとのこと。
少し年月を重ねてから書くならともかく、
当時から日も浅いハタチの彼が、生々しい近過去を直視し客観して書くのはある意味勇気がいることだ。

ハタチからの熱い、甘酸っぱいメッセージ。
ラストの花火のシーンは、50代の私にも胸に深々と突き刺さった。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/313

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2019 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
カテゴリ一覧
最新のトラックバック