ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店内風景 2
twitter

ブログ - 劇団ミネット「巡り唄」

劇団ミネット「巡り唄」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2018-12-31 21:58
今年7月に4人による一人芝居のオムニバス「夢幻泡影」を上演したミネット。
今回は総勢11人と大所帯。
旗揚げメンバーであるひとみと八重樫りんは今回出演していない。

神代の時代、村には天候を支配する龍神ギンが下男ツカイと共に沼に住んでいた。
そこに村で「忌み児」と迫害を受けている精薄のハクが迷い込む。
ギンはハクを気に入るのだが、人間と神の恋愛は許されない。
ある日、悲劇が村を襲う。

ギンとハクの因縁が、
々掌融代頃の山間部、巫女静を攫う山賊八郎の物語
⊂赦造辰櫃ぞ学校での陽太と雪音の物語
Lね茲僚子高での海と音々の物語
に影を落とす。
後の世代の彼らは因縁にどう立ち向かうのか?

「巡り唄」のタイトル通り、4つの輪廻を「唄」が繋ぐ、壮大なラブストーリー。

役者全員良かったが、中でも、精薄の村娘ハクを演じた七兎璃緒の危うい色気、
龍神ギンを演じたサカリの静かな威厳は特筆もの。

和テイストのメイク、衣装も素晴らしい。

巡り巡ったラストの1シーンにはホロリとした。
今年を締めくくるにふさわしい良い作品だった。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/310

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2019 3月 » »
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
カテゴリ一覧
最新のトラックバック