ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
ステージ
twitter
  • カテゴリ 演劇 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 猟奇的ピンク「be myself」

猟奇的ピンク「be myself」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2018-9-7 19:45
猟奇的ピンクは、大学時代の演劇サークルの仲間が集まって結成された社会人劇団。 
劇団名を聞いた時、アングラ的なな芝居を予想してたのだが、全く違った。

舞台上には椅子が5脚あるのみ。
キャストは女性5人。うち4人は終演までずっとステージに立ちっぱなし。

物語は4人の女性それぞれの「ワタシ」目線の話で、
4人の物語がゲームのターン制のように交互に進行していく。

ゞ極寨據 .ールズバンドのヴォーカルで、昼間はOLをしている。
橋本沙良 遥の妹、モデルを目指してる。プロモ動画をユーチューブで配信。
春菜   猫カフェの経営者。検察官を目指す彼と同棲。
た人鎧辧 ’カフェの常連。沙良の通う塾の講師。母と同居、結婚話を疎ましく思っている。

どこにでもいそうなイマドキの女性たち。
その回のヒロイン以外は猫カフェの猫になったり、アイドルのファンになったり、
彼氏になったりという構成。

作演出の鶴山氏はキャスト達と普段どんなことを考えているかインタビューしながら、
キャラ形成していったという。

ラスト
失敗や挫折を繰り返しながら、彼女たちは少し強くなって旅立っていく。
作演出鶴山氏が彼女たちを見守る眼差しには温かさが感じられた。

面白い作品だった。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/301

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
カテゴリ一覧
最新のトラックバック