ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店頭風景 13
twitter
  • カテゴリ 演劇 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 劇団ほしねこ「嘘つきたちの八月」

劇団ほしねこ「嘘つきたちの八月」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2018-8-24 23:22
劇団ほしねこは関西大学学園座が中心になって出来た劇団で、今回が旗揚げ公演。
観る前はあまり期待してなかったのだが、これがなかなか掘り出し物だった。
オリジナル脚本。
細田守監督のアニメ作品を彷彿とさせるような良質の伝奇ファンタジー。

都会住みのシングルマザーと女子中学生葵が夏休みを利用して祖母の住む村に帰省するところから物語は始まる。
過去裏山では忌まわしい事件が起こったらしく、葵は山に入るのを禁じられる。
村には村長、その義理の息子の神主。村長の娘は神主と離婚協議中。
山には古狸、古狐、子狐が住んでいるらしい。

計9人の登場人物が出てくる。

脚本面では、人間関係が実に上手く描かれている。
キャラの背景がしっかりして、各人の人生をきっちり浮かび上がらせている。
伏線の回収も上手い。ラスト、パズルのワンピースがピタッと填まった瞬間は快感だった。

演出面、
キャスト達のキャラ理解度が高いからか、各役柄にすんなりと共感できた。
人物の出し入れが実に巧み。テンポも良かった。
大学在学中の明里あさの若さに似合わない巧妙な脚本と演出。

狐娘蛍を演じたお茶丸はキュート、祖母役の日久藤まひるの助演も光った。
衣装や狐のお面も可愛かった。
セミの鳴き声、夕暮れ、夏祭り。音照は夏の雰囲気を盛り上げる。
物語を匂わせる、思わせぶりなチラシも◎。

時節柄、夏にピッタリの作品。
とても良い時間が過ごせた。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/300

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
カテゴリ一覧
最新のトラックバック