ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店内風景 5
twitter

ブログ - 舞獄44景project 火蜜 2-5景

舞獄44景project 火蜜 2-5景

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2018-3-15 1:44
舞獄44景projectの主宰、亀井伸一郎は、元カメハウスの座長。
昨年、10年程続いた同劇団を解散させ、今回新たにプロジェクトを立ち上げた。
プロジェクト名にある「44」の数字は、今年1月から12月の1年間で長編短編44作品の上演を目指すというもの。
第一回公演は1/26にオーバルシアターで「真っ赤なサメザメ」。

普通、1年間で44作品(すべて新規作品)は無謀だと思われがちだが、
現在の演劇界、堅実にいこうとする風潮に逆らうかのごとく、限界を定めず、果敢に挑戦する姿勢は注目に値する。
見届けよう。
亀井は役者としても非常に華がるのだが、このプロジェクトでは裏に徹し若手をサポートする。

本公演は全4幕のオムニバスだが各話は繋がっている。。
役者9人。
舞台装置は箱馬のみ、シンプル。
13地区という未来の架空都市が舞台。サイバーパンク風味。


鉄塔に登った少年少女が眼下の街を見下ろしながら会話する。
この世界には性差や成長の概念が無い。
13都市の謎の序章。
ちょっと切ないラスト。


13地区と隣街の境界を走る貨物列車に乗る少年2人。
大友克洋の「大砲の街」に似た雰囲気。


深夜の博物館に少女4人がピクニック。
本棚を模した箱馬がモノリス状で不気味な雰囲気。
ペンライトを使った演出も光った。


1〜3話の登場人物が鉄塔の上で全員登場。
誰が看視者なのか。各話で提起された謎が明かされる。 

 銑い終了した後のダイジェストダンスが格好良い。

亀井はカメハウスの頃はコテコテなカラフルさ、祝祭性が特徴だったが、
今回はそれらを奥に引っ込め、モノトーンの世界、静の世界を創出し、演出の幅を広げてきたように思う。
カメハウス時代から演出家亀井は若手を使うのが上手いなあと思っていたが、ここでもその力は発揮された。

次回公演は近松の心中ものをやるらしい。
亀井伸一郎にこれからも注目したい。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/295

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
カテゴリ一覧
最新のトラックバック