ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店内風景 9
twitter

ブログ - IQ22 「FM392」

IQ22 「FM392」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2017-11-9 0:51
IQ22「FM392」

IQ22は大阪芸大舞台芸術学科の学生が中心となって出来た劇団で、今回が旗揚げ公演である。
旗揚げの公演で正直あまり期待していなかったのだが、これがなかなか面白かった。

「ロボット打ちこわし法」が制定され、地球上にあるロボット全てが宇宙に廃棄されてから1000年後の世界。
どことも知れない宇宙の彼方では、392号「ミクニ」と445号「ヨシコ」の
2体のロボットだけが辛うじて意識を保っている。

地球は現代の世界とあまり変わらない。
科学者の父を持つ内気な女子高性アンコは、同級生からいじめを受けている。
父は過去に事故で亡くした妻のロボットを作ろうとしているがうまくいかない。
ある日アンコはふとしたことから不思議な小箱(パーソナルキューブ)を手に入れる。
その小箱からは、発信地が良くわからないFM放送が聞こえてくる。
小箱を通してミクニの物語とアンコの物語はリンクし始める。。

いたってシンプルな舞台。
板の上には脚立にツリーライトを巻いたオブジェが一つ置いてあるだけ。
脚立の上を宇宙空間、脚立下を地球に見立てたところやアンサンブルの処理等、
大芸らしいポップな演出が光った。 
ラスト近くでは、客席からはすすり泣きの音が聞こえていた。
脚本いのうえあかねの女性らしいヒューマンな脚本も◎。
とにかくなかなか掘り出し物の作品だった。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/287

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
カテゴリ一覧
最新のトラックバック