ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店内風景 2
twitter

ブログ - 演劇集団”ゆらめき” 「ゆがんだ小屋」

演劇集団”ゆらめき” 「ゆがんだ小屋」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2017-5-12 20:37
演劇集団”ゆらめき”はアクタースクールで知り合った仲間たちによって結成された。
今回の公演はオリジナル台本。かなり独特の世界観を持つ作品で楽しめた。

ストーリーはこれといって無い。
常冬の「時が刻めない小屋」男女が住んでいて、
ある日、もう一組の男女がやってくる。
男2、女2の4人芝居。

最初小屋にいた組は2人とも裸足で、やってきた2人は靴下を履いている。
「夢幻能」は死者の舞で、シテは生者を想像させる肉体を極限まで隠す(顔だけでなく手首や足までも)。
能を意識したような、緩やかだけど張り詰めたような緊張感漂う舞台空間。

必要最小限の動き。
死者と生者は折り紙やお手玉をしたりして遊ぶ。
呟くような発声。
たき火の爆ぜる音、小屋に吹き込む風の音、琴の音、すごく音を大事にしている。
ロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキーを彷彿させる静謐な舞台。

やがて春が来て生者去っていくが、小屋にも時間が流れ始める。

女優二人の素材はかなり良いのだが、今ひとつ魅力生かしきれてなかった。
カジュアルな衣装が舞台の雰囲気を軽くしていたようで、
このテーマならもっと大胆にいった方が面白かったと思う。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/282

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
カテゴリ一覧
最新のトラックバック