ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店頭風景 10
twitter

ブログ - 劇団第一主義「愛と勇気だけが友達」

劇団第一主義「愛と勇気だけが友達」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2017-2-20 16:38
劇団第一主義は2016年7月に「虫のなんたるか」を当ステージプラスにて公演し、
同年のステージプラスアワードで作品賞を受賞。
約半年の間隔を置いて、今回も前回と同様、オリゴ党岩橋貞典氏の戯曲。
3本の連作短編。

本公演、タイトルが示す通り、国民的アニメ「アンパ〇マン」へのオマージュ作品である。
「アンパ〇マン」はよく見ると、相当に変わった作品だ。
アンパ〇マンはお腹が空いてる子供に自分の顔を与えるし、
カレーパ〇マンは怒ると口の中からカレーを吐き出す。
幼児特有の明るい不条理さ、変態さに満ちている。

 屮ーニバル・カーニバル」
チンピラ風の男二人が山奥で産廃場がらみのヤバい仕事の途中で道に迷って奇妙な村落に辿り着く。
何語ともしれぬ方言を話す村人たち。
その村は今まさに、代々続く「大祭」の準備に大忙しだ。
腹を空かせた2人は洞窟でお供えの饅頭を食べてしまう。。
諸星大二郎風の土俗ミステリー。
3本の中でも抜群の面白さ。これだけで一本観たいと思うくらい。

◆崙蓋骨からカレー」
ほぼ一人芝居 一人語り。
銃声が響く。ある男が敵に追われている。都会の雑踏。
彼には「溶岩を頭でイメージし放出する」能力がある。
吐き出される液体はカレースープなのか?
破裂した顔や魂はどこへ行くのか?その欠片は縫い合わせることができるのか?
魂問答が続く。

「おじさんのジャム」
ある山の中腹のパン屋が舞台。新人の女子バイトがやってくる。
そんな辺鄙な場所なのに、毎日大勢のお客さんがやってくる。
その店には、虫を研究していた過去のある店長と、その妻、女性バイト数人が働いている。
店長はバイトの女性たちに手を出している様子。妻はそのことを知っていていつもピリピリしている。
男女のドロドロ模様。
店長は、過去自分を虐めた者への復讐として、
「自分が作ったジャムを一口舐めると一生虜になる呪い」を修得したらしい。。


不気味で効果的な照明、遊び心のある衣装も素晴らしかったのだが、
何をさて置き、例のアニメの陽気なマーチ曲をマイナーキーに置き換え、
ジンタ風の懐かしく物悲しい曲にチェンジした音響チームに拍手を送りたい。

芸達者達による競演だったが、
,廼元い魎兇犬気擦訛篠后↓でジャムおじさんを演じた木下聖浩氏が本当に素晴らしかった。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/279

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
カテゴリ一覧
最新のトラックバック