ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店内風景 2
twitter

ブログ - PAM 1stALBUM「Hello,WORK」

PAM 1stALBUM「Hello,WORK」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2016-10-9 2:36
PAMは神戸大学はちの巣座が母体となって結成された劇団。
同劇団が2012年12月にステージプラスで公演した「ピラカタノート」はこの年のベストといってもよいぐらいの素晴らしい出来だった。
今回総合演出担当のピア忠はその公演の演出を担当していた。

本公演はタイトルを「1st ALBUM」と銘打っているように
短編1、中編1、長編1のオムニバス。全て既成台本。オープニングにはゴスペルライブがあって
各編の合間には割と長めの休憩(飲食オッケー)が挟まれていた。
能の公演を意識して、一日かけてゆったりと観てもらいたいという主催の言葉。

 崔頬桓圓竜磴ぬるところ」60分 ほぼ2人芝居

ニットキャップシアター主催ごまのはえ氏脚本。
エレベーター事故で閉じ込められた二人の男。
一人はニート、一人は勤め人。
救助が来る間、二人はなんとなく身の上話をしていく。
ラスト鮮やか。

◆峩砲瓩謄ンダム」20分 3人芝居

「くじら企画」の大竹野正典氏が劇団ガンダムの公演用に「機動戦士ガンダム」を一切見ずして書き上げたいう伝説の戯曲。
アムロとセイラが一年戦争終了後、玉造の6畳間で同棲している。アムロは日がな一日部屋に籠って機械いじりをしている。
そこにセイラの兄シャアがやってくる。
全編関西弁。
オリジナルとのギャップが最高におかしい。
姉さん女房セイラ役の三村るなが可愛かった。

「侍」80分 1人芝居

阿佐ヶ谷スパイダースの長塚圭史氏が父京三氏にあててに書き下ろした一人芝居。
パリに単身赴任中の父親A、人身事故を起こしてパリに逃亡中のチャラい若者B。
二人は飛行機の中である事件に巻き込まれるのだが。。
タイプが違う二つの役柄。名優長塚京三氏にあてて書かれた脚本、若い役者には少々荷が重かったかに思えた。

3作全てに出ずっぱりの練間沙、計80分の2作品+80分の一人芝居。
しかも3作品ともがっつりと動き回る作品。
 
甲子園全試合を一人で投げぬいたたというか、フルマラソンを完走したというか。。
まずは「お疲れ様です」

どの演目も悪くなかった。
でも、やはり、1本に集中して作品の精度を上げるというやり方の方が良かったんじゃないかと私は思うわけです。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/267

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
カテゴリ一覧
最新のトラックバック