ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
映画撮影風景1
twitter

ブログ - 井料明里Presents「無知との遭遇」

井料明里Presents「無知との遭遇」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2016-7-29 17:16
「無知との遭遇」は主宰の井料明里と
東京で「藤一色」という劇団を主宰する加藤広祐とによるユニット。
今回は3つの短編からなるオムニバス公演。

「劇場」
副主宰である加藤広祐の脚本。
公演ではお馴染みの「本日はご来場いただいて‥ 携帯電話や‥ 」等々の前説がそのまま短編の出だしになるというメタ芝居。
劇団主宰が小屋管理の女性に一目ぼれをする、恋の結末は‥。
演劇愛に満ちた作品。うまい出だし。掴みオッケー。

「おじさんスカウト」
リストラされて公演に佇むサラリーマン(加藤)と少年(井料)の交流。
ハートフルなオリジナル脚本。
少年役の井料が可愛い。

「いまさら、キスシーン」
柿食う客主宰の中屋敷法仁による脚本。2008年に初演。
パワーマイム風一人芝居。

16ページにわたる早口の独白。
秀才、スポーツ万能、容姿端麗の女子高生「三御堂島(みみどうしま)ひより」の高校3年間。
井料は疾走感たっぷりに演じていた。
早朝の路上でのほろ苦いラスト。
30分間、井料明里の熱量に圧倒されっぱなしだった。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/265

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
カテゴリ一覧
最新のトラックバック