ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店内風景 5
twitter

ブログ - 劇団第一主義「虫のなんたるか」

劇団第一主義「虫のなんたるか」

カテゴリ : 
レビュー » 演劇
執筆 : 
イチロウ 2016-7-21 1:48
2016年7月4日月曜日、劇団第一主義ステージプラスに小屋入り。
ウチはだいたい金土日の3日間の公演が多いのだが、
今回の第一主義は一週間の小屋入り期間で計7ステージという「攻め」の興行。

それまでのじとじと雨が嘘のように連日真夏日が続いた。
座組は20人超えの大所帯。休憩中のカウンターはいつも人で溢れかえっている。暑苦しい。
そろそろ蝉が鳴き始める時期。
夏。夏は虫の季節でもある。

今回の「虫のなんたるか」はオリゴ党主宰岩橋貞典氏が2006年に書いたもの。
総勢11人の登場人物が出てくるが、彼らの苗字はみな変わってる。
甕覗(かめのぞき)、呉須(ごす)、海松(みる)。適当なような、意味ありげなような。

地方にある、その地域を牛耳る地主が所有する鍾乳洞が舞台。
そこに昆虫を研究する大学生チームが現地調査に訪れるところから物語は始まる。
どうも新種の昆虫が棲息しているらしい。
閉鎖された鍾乳洞を舞台に、時間と人物が入れ替わり立ち代わり揺れ動きながら、
ジグソーパズルをはめ込んでいくかのように話は進んでいく。

登場人物はほぼ均等な出番。軸となる主人公は不在。感情移入も拒絶してるかのよう。
時間軸、視点軸が何か不安定。
“不変”で“普遍”な「虫」が人間を観察しているかのような独特な時間感覚、空間感覚。
閉鎖された空間でのどろどろとした人間模様が繰り広げられる。
美しくない恋愛、見栄、欲、無責任さ。

観終わってすぐはピンと来なかったのだが、あとでジワジワ〜と来る系の作品だと思う。
楽しくも濃ゆい初夏の七日間だった。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/264

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
カテゴリ一覧
最新のトラックバック