ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
公演風景4
twitter
  • カテゴリ お知らせ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 劇団ミネット「I say love,it is a flower」

劇団ミネット「I say love,it is a flower」

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
イチロウ 2015-12-12 2:47
今回公演の劇団ミネットの主宰ひとみは、女性のみの劇団DREAMERで4回公演。
この春、劇団を解散。新たに劇団ミネットを立ち上げ、今回が旗揚げ公演となる。
今回の公演の主なキャスト8人のうち3人までが男優で、これまでの同性劇団のみの公演にありがちの窮屈さがなくなり、
幅が拡がり、風通しがよくなったように思う。

DREAMER時代は全てオリジナル脚本のみで公演していたが、
今回はイタリアの劇作家アルバート・カゼーラ「明日なき抱擁」を下敷きに。
同脚本は98年にブラッド・ピット主演の映画「ジョーブラックによろしく」のもとになった。

主人公は一代で会社を大きくした宇都宮ランバート輝彦。
最近彼は夢で死神が出てきて、死期が近いと告げられている。
妻に先立たれた彼には二人娘がいる。
娘たちとその夫、従業員たちは、もうすぐ訪れる彼の誕生日パーティーの支度に忙しい。
また、会社では彼の会社を密かに乗っ取ろうと企む部下がいる。
そんな中、夢の中の死神がこっそり彼のもとに現れる。死神は娘ローズに一目惚れしたらしい。。

今回一番良かったのは主人公ランバート輝彦を演じた戸中居亜命氏。今年3月に舞台デビューしたばかりの不惑のお父さん。
貫録の演技。舞台に厚みを持たせた。
死神男役のひとみも難しい役を好演していた。

ラスト、ランバートと先立たれた妻と再会するシーンは鮮やか、ウルッときた。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/242

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
カテゴリ一覧
最新のトラックバック