ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店頭風景 2
twitter
  • カテゴリ その他 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 吾妻ひでお「カオスノート」

吾妻ひでお「カオスノート」

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
イチロウ 2015-4-14 23:56
我が敬愛する漫画家吾妻ひでお氏の新刊が昨年9月に出版されたのだが、
その情報が入ってこなくて、今頃になって購入した。
奥付を見ると、2015年4月時点で初版。
良い本なんだから、もうちょっと宣伝があったら売れるんじゃないか?

吾妻氏は70年代後半、それまでは少年誌を中心にHな少年漫画を描いていたが、
78年「不条理日記」発表を機に、漫画界、SF界を中心に吾妻ブームを巻き起こす。
「不条理日記」は不条理ギャグ漫画の頂点である。

今回出版された「カオスノート」は「不条理日記」のスタイルを踏襲している。
(吾妻氏本人が主人公で「○月○日 ××した」で始まる1コマ〜数Pの日記漫画)
「不条理日記」は古今東西のSF小説・漫画のパロディであったが、
今回の「カオスノート」は何のパロディでもないし、ギャグでもない。
「不条理日記」にあった躁病的な天才の迸り感は「カオスノート」にはない。
狂気はなく稚気。
オチを気にせず、投げっぱなし気味に描いてるのが、気ままで心地ちいい。
身体を使った自虐ネタは健在。

吾妻氏は時代の寵児となった後、永いスランプに陥り、一時はホームレスにまで身を窶した。
しかしその壮絶な人生を描いた「失踪日記」「アル中病棟」で見事奇跡の復活。
こんなドラマチックな人生を生きた表現者はなかなかいない。。

そんな吾妻氏も齢60半ば。
同時代に生きる天才の吾妻さんが漫画を描いて、それを読めるのは本当に幸せなことだ。

名人古今亭志ん生のように「何をしても面白い」状態に近づいていると思う。
末永くあまり無理せず、漫画を描き続けていただきたい。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/220

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
カテゴリ一覧
最新のトラックバック