ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Photo Gallery
店頭風景 12
twitter
  • カテゴリ 映画 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 幕が上がる

幕が上がる

カテゴリ : 
レビュー » 映画
執筆 : 
イチロウ 2015-4-8 1:30
大傑作だった。必見の作品。
かの演劇界の巨人、平田オリザ氏が書いた高校演劇を舞台にした青春小説「幕が上がる」の映画化。
私は原作を読んで面白かったのでこの映画を観た。
ももクロという国民的アイドルが主演しているのだが、メンバーの名前を私は一人も知らなかった。

この映画、通常のアイドル映画の作り方とは根本的に違ってた。
そっち系の映画というと、「アイドルを見せる」ということが第一義に置かれ、
映画の作品性等は後回しにされるものなのだが、この映画は全然違った。
アイドル映画によくあるようなおざなりな演出は一切なく、非常に丁寧に作られていた。
スタッフキャストとも原作への愛があった。
アイドルワークの多忙の最中、ももクロ達はオリザ氏の長時間ワークショップに参加したという。

舞台は地方都市(おそらく静岡県)。
弱小演劇部に所属する演劇部員たちは、なんか嫌々演劇をやってるよう。
ある日、新しく赴任してきた女教師が元学生演劇の女王。
彼女との出会いから演劇部員たちの日常を変えていく。。

小説はもちろん傑作なのだが、映画版は、映像独特の瑞々しさがあった。
地方都市に住む高校生の日常風景、
学校の渡り廊下の雨だれする樋、駅舎の錆びついた柱、田園風景に浮かぶ入道雲等が心に沁みた。
ももクロのメンバーは高校生なので当然スッピンで、あまり可愛くないところが逆にリアルで良かった。

この映画がヒットし、高校演劇部に入部する若者が全国で増え、
演劇界が活況を呈することになれば、演劇に携わる一員としては嬉しい限り。

最後に「ももクロやってなかったら、裏方なりたい」と言った高城れにさん、
僕はあなたのファンになりました!

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://stageplus.net/modules/blogplus/tb.php/219

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
カテゴリ一覧
最新のトラックバック